ニキビケアの正しい方法とニキビの種類について

ニキビケアの正しい方法とニキビの種類について

メニュー

未成年の頃、チョコレートやスナック菓子

未成年の頃、チョコレートやスナック菓子を多く食べると翌日にはニキビになっていました。


食べ物がてき面に影響するんだ、と経験(これが邪魔をして新たな一歩を踏み出せないこともあるようです)したものです。
それから後、年齢が進むとともに食べ物にも気を遣うようになり、チョコレートやスナック菓子などには目を向けないようにしています。


そのせいかニキビもすっかりなくなりました。このごろ、重曹を使ってニキビケアができるとよく取り上げられています。ご存知かも知れませんが、重曹は弱アルカリ性なので、油分を分解する性質を持ち、洗顔料に重曹を加えて洗顔することで、毛穴に詰まった汚れを取り、角質をケアすることができ、ニキビ治療に効果的にはたらくと期待されているのです。


ただ、研磨効果のある重曹がふくまれた洗顔料だと肌にダメージを与えるおそれもあるため、試してみる際には注意をしなくてはいけません。

ニキビができるのはアクネ菌のせいなので、フェイスタオルやスポンジなどのメイク用品を他の人と共有で使用していたり、直接肌が触れてそのまま洗わなかった場合などに、自分もニキビになってしまうおそれがあります。



また、自分で自分のニキビを触って、他の場所を触ると、そこにもニキビができる可能性があります。にきびで悩んでいるからといって洗顔をやりすぎると、必要となる油脂も落としてしまい、かえって逆効果になります。どれだけ多くても洗顔は一日二回までを守りましょう。



大切なことは洗顔料をちゃんと泡立てて、お肌には直接手を触れずに、あくまで泡で洗顔をすること、顔を洗い終えたらすぐに保湿を行うことです。ニキビがおでこの目たつ場所にできると、どうしてもつい前髪で隠すことばかり考えてしまいます。



しかし、沿ういったことはニキビの悪化を招くことにもなるので、できる限り前髪で隠さずに髪がニキビに触れないように刺激を与えないことが大切なのです。

自分で出来るニキビへの対応は、どんなに寝たくてもメイクは必ず落として床につくことです。
化粧をすることにより、肌へのダメージが大きいと思うので、お肌に休む時間をあげたいのです。クレンジング化粧品にも気を使っています。

オイルがベースのタイプや拭き取るタイプなど数々のものを試してきましたが、ミルク系の化粧落としがお肌に優しいと思いました。ニキビという言葉は、10代までの若い子たちが使う言葉で、20歳以上の大人はニキビという言葉は使わないなんていう話をよく聞きます。

先日、珍しく鼻の頭にでっかいニキビがあったので、主人に、「ニキビができたの」と見せると、笑いながら、「もうニキビじゃないでしょ?」と、バカにされてしまいました。
どうしてニキビができるのかというワケのひとつに、お肌の乾燥があります。
肌の余分な油脂のせいじゃないの?と不思議に思う人も多いかも知れません。当然、余分な油脂による毛穴の詰まりも原因のひとつなのは事実ですが、沿う思って過剰に油脂を落としすぎてしまうと、今回は肌の乾燥がひどくなり、それがニキビができる原因となってしまうのです。

ニキビの症状が進むと、芯を持ったような感じで固くなり、触ると痛みを感じるといった症状になります。

ニキビが出来てしまった場合、ついその箇所を確かめたくなって触ってしまい沿うになることがありますが、触るとまた雑菌が入って長引いてしまうかも知れないので、ニキビケアのクリームなどでケアしながら、清潔に保つようにするといいでしょう。吹き出物を予防するために、私は毎日の朝食で、フルーツを摂取するようにしています。時節時節、の旬の果物をどんなことがあっても食べています。
果物を食べるようになってから、肌を称賛する人が多くなり、生理前でもニキビが発生しなくなりました。お通じが改善されたことも、皮脂腺の炎症が発生しなくなったワケの一つと推定できるかも知れません。
一般的に生理が近付いてくるとニキビになる女性は少なくないと思います。ニキビのワケとして、女性ホルモンのバランスが崩れ、肌荒れを起こしやすい状態になってしまうのと、生理が近付くとどうしても甘いお菓子とかが欲しくなったりしますので、ニキビができてしまうことが起こってしまうのでしょう。


ニキビを見つけると潰してしまう方が確立的に多いようです。

潰すと跡が残るからだめだ、というのがよく言われていることです。



極力早く治すには、ニキビ専用の薬が最も効果的ではないかと思います。潰したニキビ跡にも効能があります。

顔を洗って化粧水・乳液で肌を整え、ニキビのところにだけ薬を塗るようになさって頂戴。ニキビがひどくなって炎症をおこすと、顔を洗う場合などに少し触っただけでも痛いと感じるようになります。
ですから、ニキビが炎症を起こしている時には、いくら気になっても決して指で触ってはいけません。

指で触ると痛いだけではなく、指から雑菌が侵入して、さらに炎症がひどくなる可能性があります。にきびが出来た後によくあるトラブルが、肌がクレーターのようにくぼんでしまうトラブルや肌の黒ずみといった悩みです。クレーターを治すには専門知識をもった皮膚科で治療しないと治せませんが、肌の黒ずみの問題は美白化粧品を使うことで少しずつ薄くする事が出来るのです。肌にできたニキビを無理やり潰すと、膿が出ます。
さらに潰してしまうと芯が出てきます。



それがニキビの原因となるものなのですが、潰して中から芯を出すことはお薦めできる方法ではございません。

むりやりに潰すことになるのですから、より一層炎症が広がってしまいます。ニキビの跡が残ることもありますから薬をつけるなどしてゆっくりと治していきましょう。ニキビというのは潰してもいいのでしょうか。



実は、ニキビは潰してしまっても良い状態のものと潰してはダメなニキビとがあります。
潰しても大丈夫なニキビの状態とは、肌の炎症が落ち着いてきて、膿が白くなり盛り上がってきている状態のものです。そのような状態になったニキビは、膿が外へ出ようとして芯が出来ている状態になりますから、針や専用危惧を使って行うのだったら、潰してしまってもいいでしょう。

ニキビとご飯内容は密接に関連しています。
食生活を健全にすることはニキビも改善されます。

ご飯は野菜を真ん中にしたメニューにして、ビタミンやミネラルをじゅうぶん取るように心がけましょう食物繊維が豊富な野菜を食べることは、便秘解消という観点でも、ニキビを減らす効果があります。


実際、ニキビは、ものすごく悩みます。
ニキビが出る時期というのは、主に思春期となりますから、気になっておもったより悩んだ人も多いと思われます。
元々、予防していくことも大切ですが、薬で治すことも出来ます。

薬屋へと行き、薬剤師の方に相談すると、自分に合う薬を教えてくれます。顔の他に、意外にもニキビができやすいのは背中だったのです。

背中は自分では見えない場所なので、ニキビには、気づかないこともあります。

しかし、背中のニキビでもケアをきっちりしなければ痕になってしまいますので、注意しましょう。


私が20歳のこと、背中がとても痒くなったので確かめてみると、多くの吹き出物ができていたんです。すぐに皮膚科で見てもらいました。



すると、病院側から、「この状態はニキビです。

原因は偏った食べ物なんですが、脂肪分の多いものばかり食べているんじゃないですか?」と通告されてしまいました。

チョコが何よりもニキビができやすい沿うです。

関連記事