ニキビケアの正しい方法とニキビの種類について

ニキビケアの正しい方法とニキビの種類について

メニュー

ニキビがなぜできるのか?その原因の

ニキビがなぜできるのか?その原因のひとつに、乾燥ということがあります。

ニキビは余分な油脂が原因でできているんじゃなかったの?と不思議に思う人も多いかもしれません。もちろん、余分な油脂によっておこる毛穴の詰まりも原因のひとつなのは事実ですが、そう思って過剰に油脂を落としすぎてしまうと、今回は肌の乾燥がひどくなり、それがニキビができる持ととなってしまします。ニキビは青春時代に起きる症状であり、赤ちゃんには出ません。乳児によくあるのは、オムツかぶれなどが有名なところのかぶれですよね。赤ちゃんの肌は、とても敏感肌で、間髪いれずにかぶれができてしまいます。



ニキビとかぶれにはちがいがあります。



赤ちゃんの肌に何か異常ができてしまったら、できるだけ早めに病院を受診してちょーだい。
肌荒れとニキビが結びついていることも有りです。吹き出物はホルモンバランスの乱れが主な原因なので、思春期に現れやすいです。
とは言っても、思春期をすぎても発生することがあり、大人ニキビとか吹き出物と呼称されています。で、この大人のニキビの根源が肌荒れですから、肌の手入れや生活習慣には注意が必要になります。

ニキビケア用の洗顔料・化粧水など、ニキビケアに効果的とされている商品がマツキヨなどのドラッグストアなどの店頭で販売されています。
しかし、たくさんあるので、自身のニキビに合う商品を発見するのは難しいです。サンプル品などがあれば試供品を使用してみて自分の肌に合っていると思えば「買う」というようにするとベストかもしれません。

ニキビが気になってしまうからといって洗顔をやりすぎると、必要となる油脂も落としてしまい、かえってニキビが悪化する原因ともなります。多くても顔を洗う回数は一日二度までにしておきましょう。

大切なことは洗顔料をしっかりと泡たてて、肌に直に手を触れずに、あくまで泡で洗顔をすること、顔を洗い終えたらすぐに保湿を行うことです。

ニキビの原因はアクネ菌ですから、たとえばフェイスタオルやメイクに使うスポンジなどを他の人と共有したり、肌に直接触れてそのまま洗わなかった場合などに、他の人のニキビが自分にうつってしまう恐れがあります。


また、自分のニキビを触った手で、顔の他の部分を触ってしまうと、そこにニキビが増える可能性があります。
ニキビを搾ると、膿が中から出てきます。
さらに潰してしまうと次は芯がでてきます。これがニキビの原因となっているものですが、潰して芯を出してしまうことは決しておすすめはできません。

無理に潰す訳ですから、さらに炎症は広がります。

ニキビ跡が残ってしまうことも多くあるので薬等をつけて少しずつに治していきましょう。



酷い状態のニキビとなると、固く新を持ったような状態で、触ると痛いといった症状が見られます。

ニキビが出来ると、ついその箇所を確かめたくなって触ってしまいたくなりますが、触ってしまうとさらに雑菌が入って長引いてしまうといけないので、ケアとしてニキビケアのクリームを塗るなどして、清潔に保つようにしてちょーだい。ニキビ予防で大切にしないといけないのは、雑菌が住み着かない環境を造り出すことです。ファンデーションのパフに汚れが付きっぱなし、枕をしばらく洗っていない、手で直接肌に触れるといったことは、顔に雑菌を塗っているのと同じです。

普段から清潔にできるように注意を払いましょう。少し前、連続して徹夜をしてニキビだらけになりました。私はまあまあニキビになりやすいので、わずかでも肌に負担を感じるとブツブツ顔になるのです。



だからどんなに忙しくても、できるだけ早く寝てしっかりと睡眠時間を確保するようにがんばっています。ニキビは睡眠不足によって引き起こされるものだと思っております。ここのところ、ニキビを重曹でケアできると注目されています。


重曹は弱アルカリ性で、油分を分解する力があるため、重曹を混ぜた洗顔料で洗顔すれば、毛穴汚れや角質のお手入れができ、ニキビの症状を改善指せる効果が期待できるというのです。ただ、研磨効果のある重曹が含まれた洗顔料だと肌を傷つける可能性もあるため、試す場合は、注意が必要でしょう。
ニキビを防ぐために、朝食で、果物を摂取するようにしています。

その季節の旬の果物をどのような状況でも食べています。果物を摂取するようになってから、肌を見てくれる人が多くなり、生理前でもニキビが発生しなくなりました。便の通じが良くなったことも、ニキビができなくなった原因の一つと言えるかもしれません。ニキビは食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)と密接につながっています。食生活に気をつければニキビの症状も良くなっていきます。食事は野菜中心の献立にして、ビタミンやミネラルを多量に取るように心がけましょう食物繊維が豊富な野菜中心の食生活は、便秘を解消する側面もあり、ニキビの症状を緩和指せます。



ニキビにヨーグルトは良いものではないと言ったり、逆に良いとされますが、こういったような情報の真偽は明らかではございません。
実際、限られた食品にだけ頼るのではなく、日々栄養バランスの取れた食生活を心がけるようにすれば、ニキビの防止に繋がると私は思うのです。白く化膿したニキビを見つけると、いじって中身を出してしまいます。

ニキビの中から膿や種の種のようなものが飛び出してくるのが止められないんです。

ただ、五回に一回はニキビの中身がきれいに出せなくて、無理にでも中身を出そうとして、ニキビが治っても肌がクレーターのようになってしまうのです。



ニキビ跡を見ると、無理にニキビをつぶしてしまった自分を反省しますからすが、またニキビが出て、白く膨らんでいるのを見るとどうしても我慢できなくなってまた中身を出すべくにきびをつぶしてしまっていますからす。
私のニキビケア方法は、どれほど眠くてもメイクは絶対に落としてベッドに入ることです。
メイクを施すことにより、肌にはまあまあなダメージがあると思うので、お肌に休息を与えたいのです。

メイク落としにも気を配っています。オイルで落とすタイプや拭き取るタイプなどいろんなタイプの使用を試みてきましたが、ミルクタイプのメイク落としがお肌に優しいと思いました。
なぜニキビが出来るのかは、必要以上にホルモンが出てしまうことですから、伸び盛りにニキビが出来てしまうのです。たくさんあります。



中でもその一つが、睡眠時間を毎日同じにする事です。これは、健やかな生活につながります。 炎症を起こした状態のニキビは、洗顔の際などにほんの少し触っただけでも痛みを感じたり刺激を感じたりします。
ですから、炎症を起こしている場合は、どれほど気になったとしても絶対に指で触らないでちょーだい。

触ると痛いというだけではなく、雑菌が指から入って、さらに炎症がひどくなる可能性があります。



ニキビ跡としてよくある悩みが、クレーターのような肌のくぼみや肌が黒っぽくなることです。


クレーターを治すには専門の医療機関である皮膚科(皮膚の疾患などを中心に取り扱う診療科です)で治療しないと解決しませんが、黒ずみについては美白効果のある化粧品で少しずつ薄くするという方法もあります。未成年の頃、チョコレートやスナック菓子の食べ方が多いと翌日にはニキビが発生していました。食事がこのように関係するんだ、と思ったものです。



その後、歳をとると供に食生活にも注意するようになり、チョコやスナック菓子などは食さないようにしています。そのせいかニキビもすっかり見られなくなりました。

関連記事